大阪府三島救命救急センターの看護師(看護婦)募集情報、求人情報を掲載しています。

BlueBar.gif

大阪府三島救命救急センター 看護部長

三宅 千鶴子

「手当てのこころ」を大切にした看護を行います。

 大阪府三島救命救急センターは、All for Patients (すべては患者さんのために)をセンターの理念とし、北摂地域の救急医療の中心として、救命救急を中心とした高度な医療、質の高い看護が提供できるよう、日々取り組んでいます。
 現在、看護の世界では、自らの手を使った看護を行うことが見直されています。
 当センターでも、緊急度・重症度の高い患者さんの搬入を受け、医療機器や生体監視モニターを数多く使用していますが、だからこそ、看護師が自らの「手」を使った看護を行う必要性を強く感じています。そこで看護科の理念として、「『手当てのこころ』を大切にした看護を行います。」を新たに掲げました。

教育理念

 看護科の理念である、「『手当てのこころ』を大切にした看護」を行える看護師を育成するために、教育理念を次のように挙げました。

自ら研鑽に努めることで、救急患者の初療から回復期までの看護が実践できる看護師(ジェネラリストナース)を育成します。 また、患者さんの苦痛や家族の辛い思いに気づき、その箇所にさっと手を添えられる、手を差し延べられるようなこころをもった看護師を育成します。

 大阪府三島救命救急センターは、単独型の三次救命救急センターであり、部署は救急外来、手術室、ICU、ACU(急性期治療室)、HDU(高度治療室)からなっています。看護師は、1つの部署に留まらず、ローテーションや研修を受けながら、複数の部署を経験していきます。そして、キャリア開発ラダーシステムに基づいた教育を受け、救命救急センターに運ばれてくる患者さんのあらゆる段階において、質の高い看護が提供できることをめざします。
 当センターは、全ての診療科に対応していることから、学ぶことはたくさんあります。知識・技術、そして患者さんの苦痛や家族の辛い思いに気づき、その箇所にさっと手を添えられる、手を差し延べられるようなこころをもった看護師をめざして、看護師一同がんばっています。



miyake1.jpg